静岡県浜松市を拠点に活動するオーラソーマ・クリスタル・オルゴナイト・ローズウインドウ スクール「アルケミスト」のオフィシャルブログです。


by alchemist-blog

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

アルケミスト(浜松)WebSite

最新の記事

すう~っと糸が切れるみたいな..
at 2018-02-28 18:06
大きな手放しが終わり、新しい..
at 2018-02-28 00:17
手放すことは難しい・・・けど
at 2017-10-04 22:51
オーラソーマ体験! In 2..
at 2017-10-04 21:49
浜松開催「俊龍ヒーリング」 
at 2017-09-29 01:24

以前の記事

2018年 02月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
more...

カテゴリ

全体
アルケミスト 今日のお話
オーラソーマ
クリスタル
オルゴナイト
News
土田くみ先生の心理学・医療講座
アルケミスト旅行記
アルケミスト近況報告

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
スクール・セミナー

画像一覧

京都でのオリジナルコース 参加者の感想その1

6月1日に京都で開催された「アルケミスト オリジナルクリスタル ソーラープラクサスチャクラのヒーリング」

早速、参加いただいた方からのコース感想が届きました

ご本人から掲載の了承をいただきましたので、いただいたままの感想文をご紹介します!

私のコースの雰囲気が良い感じで表現されていて、私としてはとっても嬉しい!

また、コースの雰囲気をご紹介できることにもなるかなと思って・・・

もちろん、私にとって耳の痛いような感想・ご意見が有る場合も「遠慮なくどうぞ!」と
参加頂く方にはお伝えしています(笑)

何事も、言いたいことを腹にためるのは宜しくないので!


以下、参加者Nさんのコース感想です

今回クリスタルヒーリングを受けようと思ったのは、じつはクリスタルそのものに興味があったわけではなくソーラープラクサスにたまった感情を流して解放するというテーマに惹かれたからでした。

ところが実際参加してみると、まずは直美先生のキャラクターに魅了されました。
ただ、クリスタルの説明をして、ああです、こうです、といった”どこにでもありそうな話”ではなく、ご自身の今までの歩んできた道のり、そして最近のトピックである高円宮の次女の王女が出雲大社へ嫁がれるご婚約内定のお話から、いろいろと。
でもこれってすべて、今回の直美先生オリジナルコースの本質とつながっているものでした。
まず、今回の石で『勾玉』を多く扱っていた点。
これは今のこのときの流れを汲んだものでした。
昨年伊勢神宮と出雲大社の遷宮が同時にあったこと、実は今日本が旬であること。
そして陰と陽、男性性と女性性、西洋と東洋の統合の時代。
それらを直美先生ならではの感性で感じとり、そしてこのコースに反映されているという点がすばらしいと思いました。

そして、今回のソーラープラクサスに関する、簡単な体の生理機能やそこに関するクリスタルの特性についての解説がありましたが、このあたりもとてもわかりやすく、私の職業上、病気との関わりを考えてしまうのですが、そこともつながっている感じがあり、とても興味深く聞くことができました。

最初にも書いたようにクリスタルそのものにはあまり関心がなかったのですが、直美先生の解説の『クリスタルは何千年何万年と地球とともに存在し、私たちが関わる時間というのはクリスタルから見たらほんのまばたき程度の時間、だからお友達として一緒にいるという感覚、そしてそれによって私たちがより自然に近い状態に戻ることができる』というお話、『クリスタルはとっても素直、だからよくも悪くも私たちの気持ちを増幅させるもの』という存在を通して取り扱い方の注意点をお話いただき、クリスタルの魅力を感じることができました。

なによりも、自分の選んだ石を自分の周りや体の一部において、横になりヒーリングをしているときのこと。
私が横になって、パートナーさんに石を置いてもらったそのとき、足元に石を置いただけで、ちがいを感じました。
なにか生き物のように、温かいものを感じました。
足の裏から自分の体の中に何かが流れ込んでくる感じがありました。
手の平に石をおいたときも、手がびりびりしたものを感じていました。
やはり、ただの石ではないのです。
これは私たちが意志をもって選んだ石だからなんだと思います。
まさに今回のテーマ、ソーラープラクサスは意志が宿る場所ということでしたが、そことのつながりも感じました。

おそらく、ただ伝達的なコースだったら、きっと面白さというものは感じなかったかもしれません。
これはあくまで直美先生のオリジナルコースであって、直美先生の生きざまや感性がそのまま表れた本当に個性あふれたコースだったと思います。
オリジナルっていうことですから、どこでも受けれるものではありません。
当初は18000円ってちょっと高いかなって思いましたが、これだけのオリジナリティーがあれば、高くはないと思います。
今や情報はタダではありませんからね。
それだけの価値のあるものにはそれなりのお値段はつきものですから。

直美先生とのご縁に本当に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

以上が、いただいた感想です!


ちなみに、京都コース代は出張費込価格になっておりますが

浜松コースは、各回1万5千円です

アルケミストHPにあるクリスタルコースは、まだバージョンアップ版の書き換えをしておりません


出張前の今日・明日が、私にとって気力・体力の限界に挑むような時間との闘い・・・・・

ここは本来楽しんで作業したいところで、「闘う」という表現はしたくないのですが

今は、「闘い」とか「勝負」とかの表現が、ピッタリの状況というのが正直なところ(笑)


発つ前には

何とかバージョンアップ版に書き換えて、浜松開催特別コース日程も入れていくつもりです
by alchemist-blog | 2014-06-03 12:05 | クリスタル