静岡県浜松市を拠点に活動するオーラソーマ・クリスタル・オルゴナイト・ローズウインドウ スクール「アルケミスト」のオフィシャルブログです。


by alchemist-blog

プロフィールを見る
画像一覧

アルケミスト(浜松)WebSite

最新の記事

すう~っと糸が切れるみたいな..
at 2018-02-28 18:06
大きな手放しが終わり、新しい..
at 2018-02-28 00:17
手放すことは難しい・・・けど
at 2017-10-04 22:51
オーラソーマ体験! In 2..
at 2017-10-04 21:49
浜松開催「俊龍ヒーリング」 
at 2017-09-29 01:24

以前の記事

2018年 02月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
more...

カテゴリ

全体
アルケミスト 今日のお話
オーラソーマ
クリスタル
オルゴナイト
News
土田くみ先生の心理学・医療講座
アルケミスト旅行記
アルケミスト近況報告

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
スクール・セミナー

画像一覧

オーラソーマ マゼンタポマンダー予約開始!

7月に入りました~!

7月は、運命分析学上、私にとっては「再開月」

そろそろ動き出さんといかんな・・・と思っております

夏至の日に伊勢詣の旅に出て、行った甲斐ある有意義な時間を過ごしてきました


既に情報が入っている方もいらっしゃるかと思いますが

オーラソーマ新製品 マゼンタポマンダーの誕生が発表されました

日本入荷は、7月下旬~8月上旬予定

という訳で、予約受付を開始します

第一弾受付〆切は、7月14日とします!


マゼンタのポマンダーとしては、今までディープマゼンタしか存在していませんでした

マゼンタは、ソウルスター(第8チャクラ)に関連し

個人のブループリント(今世何しに来たかなどを含む設計図のようなもの)にも関係します


ボトルにおけるディープマゼンタは、現在も下層(無意識領域)にのみ存在する色です

ディープマゼンタに光が入って、マゼンタになる!


ポマンダーは、オーラを浄化、保護、強化するものであり

マゼンタポマンダーの誕生は、光の身体=オーラ領域において

意識レベルでマゼンタのサポートを受取ることができるということ!

自分がどのような存在で、何をする為に存在しているのか・・・

自分に正直に自分らしく生きる、自らが本来望んでいた生き方をすることなどを

きっと優しくサポートしてくれるでしょう!

マゼンタは、ナイチンゲールの象徴と言われている色ですから(笑)

「ケアする人をケアする色」でもあるので、ケアする人にも良いでしょう!


以下、ちと長くなりますが ASIACTからの情報を載せておきます


≪マゼンタのポマンダー≫
マイクとオーラソーマプロダクツ社よりこのニュースを、喜びを持って皆様にシェアさせて頂きます

愛と光を込めて
The Academy Team


6月21日は、北半球の夏至、南半球の冬至にかかる(地域によっては20日)幸先の良い日です。

そして、この時期の重要性を認識して、シャイアファームでは沢山の活動がなされてきました。

チャクラ・パスに置かれたフロー・フォームの調整が済み、ハートの池の脇にあるハトホルの彫刻像の周りにはローズクウォーツが置かれました。

加えて、クラウンの上側、第八チャクラに置かれることになる、マヤの生命の木を彫るワークも継続しています。

6月21日のガーディアンエンジェルとハートエンジェルはB66で、この「アクトレス/女優」は、B67に先行するボトルです。

B67は、オーラソーマシステムにおいて初めて、上層と下層の両方にマゼンタのエネルギーが現れたボトルでした。

これらのグローバルかつローカルな出来事の持つ大きな重要性を背景にして、マゼンタのポマンダーがこの日に誕生するという、驚くような深いシンクロニシティを感じています。

長らく待ちわびられていたマゼンタのポマンダーは、特に今のこの時期に必要とされています。

「天からの愛」に私たちが今まで以上に気づきを持ち、それを思い出す必要性を、私は深く感じています。

オーラソーマシステムでは、「天からの愛」と「小さきものへの愛」は、両方ともマゼンタのエネルギーと密接に関連し、殆ど同義的に使われます。

私は、大天使カマエルのイクイリブリアムボトルが生まれたときに、それ程遠くない将来にマゼンタのポマンダーが生まれるだろう、というインスピレーションを受け取ったことを覚えています。

私はまた、しばしばヴィッキーが語ってくれたストーリーを思い出します:彼女は自分のクリニックで、マゼンタ・ペイント(訳注:赤チン以前に使われていたマゼンタ色の液体のこう薬)を使うことがありましたが、それは1859年のマゼンタの戦いで、そのヒーリングの潜在的効果が初めて認識されたものです。

いま私たちに与えられているカルマの傷のヒーリングの可能性、それはおそらく私たちが「全体」になる機会といえます(全体/wholeと云う言葉は、ヒーリング/healing という言葉の意味の根本にあります)。

愛はヒーリングへの答であると同時に、鍵でもあるのです。

私たちが自分自身を愛さなければ、互いを思いやることなどできる筈がありません。

マゼンタの光線を浴びながら、まず最初に誰を愛することが大切かを思い出しましょう。

もし適切だと感じるなら、あなたがこのマゼンタの光線を初めて自分のフィールドに紹介するときに、あなたのお腹にあるスターから次のように言ってみてはどうでしょう。

「この神聖なるものを自分自身のために、自分自身に捧げながら、私は自分自身を愛し、天からの愛を感じます」

そしてマゼンタのエネルギーの波が、私たち一人ひとりを通して世界に拡がっていくとき、そして私たちがその虹をみるとき、マゼンタがより輝きを増して見えるかもしれません。

胸が高鳴る思いと天からの愛を。

マイク・ブース

http://www.asiact.org/downloads/Emails/MagentaPomander/japanese.html


今日のブログは、一般の方には???かと思いますが、興味がある方、試してみたい方は

アルケミストでお試し頂けるようにする予定です

マゼンタポマンダー・・・楽しみですね!

 
by alchemist-blog | 2016-07-02 01:41 | News